家族で入居する賃貸物件について

家族で入居する賃貸物件について

家族で入居する賃貸物件について 家族で賃貸物件に入居する場合の必要な広さの目安は、勿論家族の人数や事情により異なります。都心と郊外では広さも家賃も違ってきます。子供が小さい夫婦でも違ってきますが、一般的に夫婦と子供2人で4人家族では70平米ぐらいの広さが必要と言われています。家族がゆったりと過ごすリビングでは8畳ぐらいは欲しいところです。又、天井などが極端に低いと圧迫感だけではなく部屋全体が狭く感じたりします。各部屋の場合浴室などは子供が小さい間は親子の大切な会話の場でもありますので、ゆったりと3畳ぐらいで、洗面所も洗濯機を置いたり着替えたりしますので3畳はほしいところです。子供部屋の場合、子供が小学校、中学校に通うようになればベッドを置く場合は6畳以上で、和室で布団なら4.5畳以上が目安で、2人分の机を置くことを考えたら6畳~8畳はほしいところです。

広いリビングは人気があり、家族団らんで、ゆとりある生活の象徴でもあります。洋室であれば8~12畳で和室であれば6畳~8畳が目安です。家族で入居する賃貸の場合マンションと一戸建てに分かれますがマンションのメリットは駅が近く通勤や通学に便利な所に住めることですがデメリットは駐車場が必要な台数分確保するのが難しかったりします。

Copyright (C)2023家族で入居する賃貸物件について.All rights reserved.