西目屋村スイーツラボ始動!!2016.11.14 / 聞きたい

COK(地域おこし協力隊)村澤祐樹

今夜から西目屋村の味な工房で「西目屋村スイーツラボ」が始動しました!

img_1749

「西目屋村スイーツラボ」とは、村のりんごや桃、トマトなどの農産物で傷がつき流通に向かなくなったものをお菓子にして付加価値をつけて生産者さんの所得を増やそうというもの。

また、お菓子は村民のチームで作ることで、クリスマスやバレンタインなどで必要とされる農閑期の冬場の雇用にもつながります!

さらに村内の味な工房で製造することで、弘前に出ずに済むので通勤時間が短縮され短期就労もできるので子育て世代の負担軽減にも

今月14-16日と28-30日は興味のある方の体験会で、12月は5-16日に製造トレーニング
来年1月は販売製造体制を整え商品検査を重ね販売商品を作り、2月には販売がスタート!!

そして、「西目屋村スイーツラボ」で作られるお菓子の第一弾はバーチ・ディ・ダーマというイタリアの焼き菓子

西目屋マニアのあなたならお気づきかもしれませんが、私が所属している明治大学本所ゼミが去年完成させた「白神山地のギフト」の中にあるお菓子です!

img_3822

このバーチ・ディ・ダーマはマカロンのもととなったと言われています。
そう言われればなんとなく形が似ていますね

今回の講習では本格的に製造される際は機械化される作業も「原理がわからないと失敗したときに原因がわからなくならない」様に手でやりました。

img_1765
生地作成中

img_1775
丸めます

img_1782

img_1785

バーチ・ディ・ダーマの生地の間にはジャムやチョコが入ってます
今回はチョコですね
テンパリングという作業中お姉様達から「私たちは絶対水入っちゃう」という声が笑

img_1792
焼き上がり

img_1793
とてもいい匂いが

img_1789
生地にチョコをはさんで完成!

今後この「西目屋村スイーツラボ」が進んでいくか楽しみですね~

同じ味な工房内に私たち地域おこし協力隊の事務所もあるので、つまみ食いさせてもらえないかと勝手に楽しみにしています笑

AUTHORAUTHOR

COK(地域おこし協力隊)村澤祐樹

2016年度西目屋村地域おこし協力隊 明治大学本所ゼミ所属

けっこう最初の方から使ってたのに最近やたら「もう津軽弁使ってるw」と言われます

ふらいんぐうぃっち新刊買いました

RECOMMENDRECOMMEND