目屋人形、作ってみませんか?2016.12.12 / 聞きたい

地域おこし協力隊入野谷千代子

西目屋村の伝統工芸品である目屋人形。

今年度の製作体験・講習会が、本日スタート致しました。

image1

 

地域おこし協力隊員も、炭俵製作に必要な“縄綯い”を体験させて頂くことに。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002

この「スゲ」という植物が縄になります。刈り取ったらすぐに広げて干し、
色が抜けないように暗所で保管するそうです。

これを綯っていきますが、簡単そうに見えても、初心者には慣れない作業のためとても難しいです。

コツやポイントを教えてもらい、試行錯誤しながらも黙々と作業を進め…
%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_003

このような仕上がりに。とても売り物には使用できないクオリティー。

いつの日か、目屋人形が背負う炭俵の一部に使用してもらいたい!
ということで、スゲを分けて頂きまして、日々縄綯い練習に励みます。

どんな様子か気になる方は、ビーチにしめや内「地域おこし協力隊、すわって話っこしていくとこ」へ覗きに来てください。
平日の午後に頻出します。

また、4月までの毎週月曜日には、西目屋村公民館にて製作体験・講習会が行われます(12/26,1/2,1/9,3/20を除く)。
詳しくは上のチラシをご参照ください。

 

目屋人形スペシャリストの方々が親切・丁寧に教えて下さるので、
村内・村外問わず、この機会にぜひ一度、西目屋村の伝統工芸品に触れてみて下さい!

AUTHORAUTHOR

地域おこし協力隊入野谷千代子

2016年度 西目屋村地域おこし協力隊。ラフティングガイドとしても活動。 冬に備えてなのか、身体がものすごい速さで脂肪を蓄えています。おそらく、ただの運動不足。 運動せねば...と思いながらも、食後のおやつを手放せません。  

RECOMMENDRECOMMEND