「ダムツーリズムを考える会」開催!2016.04.20 / 聞きたい

地域おこし協力隊木立 恭子

はじめまして。地域おこし協力隊の木立です。

本日、中央公民館でダムと周辺地域の観光振興について探るフォーラム「ダムツーリズムを考える会」が開催されました。会場には500人以上の参加者が詰めかけ、パネリストもビックリの大盛況ぶり!

20160420a

最初の基調講演では、ダムマニア&ダムライターの宮島咲さんが、どうすれば集客できるのか、ダムマニアの視点からお話しくださいました。JTB関東で法人営業をされている西嶋佳子さんは、ダムツアーを成功させるための苦労話やコツを教えていただきました。どれもフムフムと聞き入ってしまう内容。しっかり参考にさせていただきます!

西嶋さんが最後に一言おっしゃった「ダム式バンザイ」。詳しく語らないまま降壇されましたが、気になります・・・

休憩をはさんで「パネルディスカッション」~ダムツーリズムによる地域活性化について~

20160420b

パネリストは、関和典村長(写真右)、高橋大横手市長(同中)、國定勇人三条市長のお三方。ダムツーリズムを考える会の会員は今のところこのメンバーのみだそうです。

関村長の津軽ダム・ダムツーリズムへの意気込み、そして秋田県横手市や新潟県三条市のダムツアーの現状などをお聞きし、今後の活動に向けて勉強になりました。いいとこ取りしていければ・・・

会場の外では、さまざまなパネル展示もありました。パネリストの方もおっしゃっていましたが、ダム湖と水辺のスポーツ・カヌーは縁があるようですね。多くのダム湖でカヌーが盛んな様子が展示されていました。東北では、山形県寒河江ダムの月山湖、岩手県御所ダムの御所湖などでカヌーが盛んです。津軽白神湖でもカヌーを盛り上げるぞ~っ!!

20160420c

最後に、会場内に展示されていた目屋ダムの遺構。これから時々姿を見せるかもしれない「目屋ダム」も売りの一つにしてはどうか、とすぐに目論んでしまうのでありました。

IMG_1797

最近、個人Facebookでもダムの話題が多かったせいか、「ダム萌えですか?」と質問されてしまいました。そのうち萌えてしまうかもしれません。

これから津軽ダムツーリズム、いろいろ紹介していきますので、乞うご期待!

AUTHORAUTHOR

地域おこし協力隊木立 恭子

2016年度西目屋村地域おこし協力隊

大自然に囲まれた西目屋村。そこに誕生する津軽白神湖と、美しい景観の岩木川でカヌーやラフティングを盛んにしたい!その思いに駆られて移住して参りました。

西目屋村の魅力をたくさん発信していきます!

RECOMMENDRECOMMEND