西目屋村のお山参詣2016.08.25 / 聞きたい

COK(地域おこし協力隊)村澤祐樹

ついにお山参詣の時期が近づいてまいりました

私が西目屋を知り地域おこし協力隊として来るキッカケになったお山参詣

1185155_427486220704321_1534480787_n

今月21日に西目屋村村市地区の公民館で総会が行われ、22日より毎晩お囃子の練習とお祭りの準備が行われています。

IMG_5810

IMG_5846

お山参詣とは、毎年旧暦の8月1日に津軽地方の人々のシンボル的存在であり信仰の対象でもある岩木山に「五穀豊穣」「家内安全」を祈願し集団登拝する行事です。国の重要無形民俗文化財にも登録されています。

岩木山周辺地域から白装束を着た人々が、御幣や幟(のぼり)を立て登山囃子とともに岩木山神社を目指し歩き続々と集まる光景は何度見ても感動します。
地域によってお囃子や幟が少しずつ違ったりするのでその違いを感じるのも楽しいですよ。

12027681_831938113592461_4169503262498435702_n

お山参詣は三日あり、初日から「向山」「宵山」「朔日山」と呼ばれます。今年は8月30日から9月1日の三日間です。

向山の日、村市地区お山参詣愛好会は地区内の鹿嶋神社にお宮参りをします。
そして宵山には登山囃子とともに岩木山神社に向いながら練り歩き、朔日山には下山囃子をとともに西目屋村に戻ってきます。

私は今年のお山参詣で4回目の参加!
今年も楽しんでいきたいと思います!!

AUTHORAUTHOR

COK(地域おこし協力隊)村澤祐樹

2016年度西目屋村地域おこし協力隊

明治大学本所ゼミ所属

西目屋村が好きすぎて好きすぎて気が付いたら住所が移ってました

台風だけはやめてください

RECOMMENDRECOMMEND