• Top
  • ナスラー・プロジェクト in にしめや

ナスラー・プロジェクト in にしめや

「ナスラー」が5月27日、ついに完成しました!
nasuler1

「ナスラー」は約200本のモウソウダケで作られた長さ24.8メートル、直径4メートルの巨大オブジェ。元は、2014年に栃木県那須町の東北自動車道那須インターチェンジ近くの雑木林に制作した。その「ナスラー」が、2015年の3月に羽化して巣立ち、世界自然遺産白神山地のある西目屋村に降り立ちました。これからは白神山地の自然を守るシンボルとなります。

制作を手掛けた「那須の道を美しくする100人の会」の向井勝實さんは青森県東北町生まれで那須町在住の彫刻家。5月12日から制作を開始。途中7人の仲間が那須から駆けつけ、制作を手伝いました。その他、村の人たちの協力を得ながら、同27日に完成しました。

「西目屋村ナスラー」は那須の「ナスラー」より約5メートル長い24.8メートル。当初は同じ規模のものを考えていたが、ニシメヤの語呂にあわせて24.8メートルに「・」の部分は眼になぞらえて、オリジナルで制作した名刺はこのようになっています。
meishi

今後は、ライトアップなども予定しており、向井さんは「雪が積もったナスラーも楽しみ」と語っておられました。展示は2年間を予定しているので、羽化して飛び立つまえに見にみてください。

 

 

白神山地ビジターセンターの片隅で「ナスラー・プロジェクト in にしめや」が始動しました。栃木県の那須から彫刻家の向井勝實さんをお迎えし、チームナスラーの方々と制作に取り組んでいます。

ナスラー

「ナスラー」は、3年前に栃木県那須町を拠点に自然や景観の保護活動に取り組むボランティア団体「那須の道を美しくする100人の会」が、環境を守るシンボルとして東北自動車道那須インターチェンジ近くの雑木林に制作したものです。全長約20メートル、直径3.8メートルの巨大な竹のオブジェ。材料にはモウソウダケ約200本を使用しています。

その「ナスラー」が、2015年の3月に那須町を巣立ち、西目屋村にやってきました。これからは白神山地の自然を守るシンボルとなります。

現在、役場職員や地域おこし協力隊をはじめ、通りがかりの村民や観光客のみなさんも足を止めて制作にちょっぴり参加。仕上がりが楽しみです。制作期間は今月一杯。是非制作過程を見に来てください!

向井さん

材料となる竹を割り節を削る彫刻家の向井勝實さん

ナスラー情報はこちら!