• Top
  • バーチャル八百屋白神公社

バーチャル八百屋白神公社

バーチャル八百屋「白神公社」OPEN!

「商い」の基本は、相対、つまり人と人の直接コミュニケーションから始まります。
美味しうまい欲しいという欲求を満たすのは、買い物の基本中の基本。そこにサービスが入ることではじめて「商い」が成立し、買いたい人と売りたい人のモチベーションが変わります。

そこで西目屋タイムスでは、情報端末を使い、村と都会を直接つなぐ、「無店舗型コミュニケーション商店」を開発。バーチャル八百屋を開設いたします。
情報端末に登場するのは、白神公社のスタッフや地元の農家さん。直接話をして、商品情報や購入につなげます。

さて、今日の西目屋の旬はなんでしょうか?
いよいよ産地からの能動的なアクションの新しい試みがスタートです!

 

photo08